fc2ブログ
topimage

2024-01

4日に都内に行った話 - 2024.01.15 Mon

1月4日。
姉の用事がてら、都内行きの車に便乗。
首都高を降りたのが生まれた街に近かったので、せっかくだから産土神社前で放してもらってそのまま午後4時までひとりでふらふらしてました。
都内の神社は、地元の人に大事にされている感じが好き。
茅の輪があって高速で何回もくぐっているおばさまがいて、可笑しいけどいやいや笑ってはいけなと正面のベンチから

「この人はきっと、来られない人の分も回ってあげているのだな」

と(自分に言い聞かせながら)眺めていたら

夫「お前、回りすぎ」
妻「だって3周回るんでしょう!?」

の強気の一言に笑いを禁じ得ず。
茅の輪は一周3回くぐるので、その人は9回くぐっていたわけです。一人で3倍。

全くの他人に向かってこらえきれない感じになるのはなんていうか……

初笑いをありがとう。


滞在時間は5時間ほどしか無いので、せっかくだからと(赤い酢ダコ目当てに)アメ横に行ってみたら、いろいろが変わっていてびっくりしました。
北京ダックやら丸裸の焼いた肉が店頭に並びまくっている前で、中国語で呼び込みをしている中国人。
市の並んでいた上野寄りのエリアはほぼほぼ屋台村(屋台じゃないけど飲食露店)。
ここ、どこの国だろう……となりました。
アメ横の雰囲気、インバウンドですごい変わったな…小説の表現変えないと。
言われているほど外国人はおらず。
往復して京成線の観光案内所でごっそり資料をゲットして、なんとなく公園を抜けて帰ろうとしたところ。

やたら飛び交うかもめにつられて恩賜公園に降りると弁天堂参道には屋台が出ていました。そっか初詣か。
そして、かもめは屋台のあれこれを狙っていた。
弁天堂は大行列。初詣にしてもすごかったです。
ものすごい御神徳とかあるのでしょうか。
私はふらりと通りすがったときにお参りする派なのでその日はすぐ横の大黒天堂の方にお参りして散歩して帰りました。

同じ七福神なのに、同じ場所にあるのに、弁天様だけお参りして帰るたくさんの人は何を求めているんだろうか(謎)

実は時間がないので今回目的を「素敵な日記帳」と「軽いダウンコート」に絞っていたのですが

母から頼まれた「お持たせのお菓子」を探していたらほぼほぼ気力と時間が終了しました。
そこで前回の東京駅の話です。

何かレポになってきたので次回へ。
読み物したい人は続けてみて下さい(o・ω・o)ノシ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリ

夢日記 (1769)
TODでFF4 (23)
写真 (38)
テイルズオブミラージュ (55)
小話*裏話 (89)
バトン・質問etc (68)
リオンがらみ。 (17)
あとがき (69)
メッセ返信 (354)
オリジナル (33)
アクアリウム (34)
備忘録 (73)
作ってみた (73)
文庫化イベント(?) (19)
生きもの係 (23)
エッセイになりそうな (14)
おでかけとか。 (18)
イラスト練習 (23)

ツイッター

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR