fc2ブログ
topimage

2024-02

仏教≒ラノベ的な話 - 2014.11.19 Wed

神道は神話系で興味あったので若干知識があるのですが、仏教はアウトオブ眼中(酷い)だったので「嘘つくと閻魔さまに舌引っこ抜かれるよ!」くらいしか知りません。
でも父が旅に出て、今頃どこにいるのかな?というのがあったので気になって調べました。
最初の感想→「仏教怖い!!!!」
十王経物語絵図(冥途旅行絵物語←法要してもらえない人の物語。バッドエンド)を見てしまったのですよ…
大まかにいうと、死者はひたすら旅をして、7日ごとに審判の法廷にたどり着きます。
7回審判を十王から受け、行先(輪廻先)が決定するというのです。
なるほど、7日×7日=49日、というわけですね。
そして、法廷では生前の罪が裁かれていくのですが、親族が供養することによってこれが軽くなるということです。
万が一地獄に行っちゃった人でもその後の一周忌、三回忌などできちんと法要すれば、より良いところへ移動が認められるという…つまり、残された人間が善行を行えばそれが死者の加点になるんですね。
何それ、法要、めっちゃ大事じゃないですか。
意味を知らないで、適当な気持ちで参列したら大変なことに(汗)
敬虔な仏教徒じゃないから、気にしなくていいっちゃそうなのかもしれないけど…
知っちゃったら、面倒とか言ってられないわ(><)
しかし、十王経物語絵図を見ると冥土の旅というのは暗闇世界を歩き、血の池を通り死出の山を登り、熱い鉄の雨に打たれて歩く、みたいなことになっているので、なんか死ぬのが嫌になってきた…(鬱)
…それって地獄とどこが違うんだ。
でもうまくできているもので、きちんと読経が上がれば血の池ではそれが舟になるそうです。
たぶん、ほかにも救済措置があるんだろうな。

さて、父は明日が7日目ですので、一週間目は426キロ歩くらしいのでたぶん380キロくらいのところにいるんじゃないでしょうか(でも歩くの趣味だし、早いからもう着いてるかもしれない。)
最初の審問は、秦広王(守護仏は不動明王)による書類審査。
さらに7日後になると、ここで有名な三途の川を渡るそうです。
重罪人は急流を、軽罪人は浅瀬を、善人は橋が渡れるそうで…
渡り賃が六文いるので、亡くなった時には必ずお金を持たせます。
父は六文のほかに、親族が札を入れていたのでおやつ代くらいは出ると思います。
川の先には第二法廷があります。裁判官は初江王(釈迦如来)。
主に死者の殺生の行為が裁かれるそうです。
21日後(3週間目)の裁判官は宗帝王(文殊菩薩)。邪淫の罪が裁かれます。
28日後は、秤(はかり)をつかった審判。裁判官は五官王(普賢菩薩)。うそについて調べられます。
35日後は、水晶の鏡に生前の罪状が写し出されるそうです。裁判官は閻魔大王(地蔵菩薩) ここで、六つの世界(六道)のいずれかに行先が決定されます。
そして42日目に五官王の秤と閻魔大王の水晶で罪が再吟味されます。裁判官は変成王(彌勒菩薩)ですが、「うそをつくと舌を抜かれる」のはここだそうです。
でも父はもう舌癌で舌切ってるから、もし嘘ついてても抜かれるものがないので大丈夫(笑)
ここでは生まれ変わる場所の条件が決定されます。
仏教において「輪廻転生(生まれ変わり)」というのは、人間に生まれ変わることではなく、六道のいずれかに輪廻することを指すようです。(六道の中に人間に生まれ変わる道もある)

で、最後の審判が49日目。裁判官は泰山王(薬師如来)です。生まれ変わりの条件が決定されます。
ここには六つの鳥居があって、その先には六つの世界か広がっていますが、どこにつながっているのかはわからないそうです。RPGか。
そして、自分で選んだ鳥居をくぐるとその先が「輪廻先」となるそうです。

……うん、なんかね。見様によってはラノベっぽくて割と好きだった。
ちなみに六道が、地獄、餓鬼道、畜生、修羅、人間、天界で餓鬼道の中にも楽しんで過ごし天界の宮殿に入れるコース(多財餓鬼)があったり、意外な感じでした。
私たちは人間に生まれ変わっているので、前世はそこそこ善行を積んでいたのかもしれません(笑)
天界は寿命が最低で900万年で、一層上に行くごとに四倍に増えるそうです。
最上級で1,474億年の計算。
そんなに生きるより、多財餓鬼の方が楽しそうだと思ってしまうあたり、私、人間だなと思いました(笑)

しかしですね、気になるのが我が家の猫。
葬式から帰ってきたら、よたよたして食事もしないし、水も飲めないし、命の危機的状況な感じです。
えー、前日まで元気でごはんも普通に食べてたのにー(゚Д゚;)
16歳なので老衰の可能性もあるのですが、たった一日で老衰っておかしくない?
でも様子が先代の大御所が老衰した時と酷似しているので、非常に怖いです。
追って逝かないでください(滝汗)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ラスボス戦に赴く主人公に、みんなの祈りが届く的な。 «  | BLOG TOP |  » ありがとうございます

最新記事

カテゴリ

夢日記 (1759)
TODでFF4 (23)
写真 (38)
テイルズオブミラージュ (55)
小話*裏話 (89)
バトン・質問etc (68)
リオンがらみ。 (16)
あとがき (69)
メッセ返信 (354)
オリジナル (33)
アクアリウム (34)
備忘録 (73)
作ってみた (73)
文庫化イベント(?) (19)
生きもの係 (23)
エッセイになりそうな (14)
おでかけとか。 (13)
イラスト練習 (23)

ツイッター

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR