fc2ブログ
topimage

2024-04

ラスボス戦に赴く主人公に、みんなの祈りが届く的な。 - 2014.11.20 Thu

昨日は、仏教で亡くなるとどうなるの?みたいな話しましたが、大体、常日頃は仏教徒ってわけじゃないけど寺に墓がある家は必ずどこかの宗派に入ってしまうわけで…
できれば無宗教の霊園が良かったとか前々から思っていた10-wiseです。
日本人て不思議だよね。私も例にもれずだけど、普段は無宗教な感じなのに多くの人が「生まれてくるときは神道、亡くなるときは仏教」なんだから。
で、冥途の旅路が怖い!と言いましたがそもそも死出の旅も修業なのでむしろ試練がいっぱいらしいです。
死んでからゆっくり眠れるとかそういうものでもなかった(´・ω・`)←むしろ49日間が山場だった。
私、イメージ的には観光地よろしく多くの亡者がいてそれぞれのペースで歩いて、まぁ自分だったら物見遊山的なノリなのかなと思ってたんですが、どうもしょっぱなから「たった一人で暗闇の中を歩く」ことになるようで…( ;∀;)怖いよー
だから、ろうそくを消しちゃダメなんだって。初めて知りました。
うん…通夜の夜に葬儀社の人に危ないから消して寝てくれって言われて消しましたけどね…電気はつけっぱなしだったから大丈夫だよね!!
そして、昨日は7日ごとのチェックポイント(やめれ)についてがわかりましたけどそうなるとじゃあ「7日間はどういう場所を旅するの?」ということが気になります。
えぇ、調べましたとも。
それは「中陰和讃」という歌に歌われていました。

一部抜粋。

初七日守るは不動なり
昏督峠(くらやみとうげ)のあてなしと
中陰途切れず備ある
光明便りて越るなり

ていうか、むちゃくちゃ「物の怪らんちき戦争」ぽいんですけど。
(退魔師の家系の幽霊嫌いの主人公の話で割と泣けるマンガ)
はじめの一週間は、遺された家族が途切れず灯す明りを頼りに暗闇の山路を通過していくそうです。
なんかこの辺は、今日のタイトル的な。
祈りは距離を越えて伝わるといいますか、たった一人で臨むことに、離れた場所から力になれるのが素敵だと思う。
ゲームのしすぎかな。(マンガの読みすぎかもしれん)
不動明王は燃え盛る炎を背負っていますけど、それと関係あるのかな?

そして次の7日間はこんな感じ。

二七日守るは釋迦如来(しゃかにょらい)
火ふり峠をさか落し
各々供へし手向ある
水を便りに越えるなり

今度は火の降り注ぐ急峻な道行です。
ここで助けとなるのは、家族が手向けに供えた水であると説かれています。
氷の大河を渡るときにけがわのコートが必要みたいな。(だから)

そして以下のように続きます。


三七日(21日)までは、果てのないうづまき峠。この時も中陰の備えがあれば日の立ちほどで越えることができるよう。
四七日(28日)までは、生津(しょうず)の川を越える必要がありますが、この時に旅立ちの時に家族が着せた帷(かたびら。旅装束)にかかれた六字が助けになるそうです。
五七日(35日)には、三途の川に行き当たります。追善菩提の功徳が船になり、越えていきます。
六七日(42日)では、六道の辻(分かれ道)で迷うけれど、ここは自分の力ではなく残った人間の力で越えるそうです。
そして七七日。49日に極楽へと向かいます。

なんか昨日の冥途旅行絵物語とは対照的ですね。
といっても大半の人は極楽へは行けないらしいです。
仏教における最終目的は「極楽へ行くこと」であり、行けるまで何度でも輪廻するようです。
六道の最上級、「天界」でも寿命があるわけですからね…
でも、たぶん、もう一度生まれ変わるって言うのは、魂には何らかの積み重ねが反映されるわけで…
つまり「強くてニューゲーム」…なんていうか、やっぱり未熟な人って「あぁ、この人、人間に生まれ変わった回数まだ少ないんだな」とか思っておくのも間違いじゃないんだなとか思いました。
この考え方って仏教に限ったことではないようですけどね(笑)

ちなみに浄土真宗にはこの死後の旅路はなくて、極楽へ直行便が出ているそうです。
え、なんでうち浄土真宗じゃないの?(←短絡的)
まぁ我が家が何宗かなんて、今回葬式するまで知りませんでしたけどね。
そもそも上の和讃も宗派によって微妙に言い回しが違うらしいです(内容はほぼ同じらしいですが)。
でも、天界に行くより、極楽浄土に行くより、人間でいいな、私。
だって、世界は美しい(なんだよ)。
六道においては、人間にも四種類あって、須弥山の東西南北に州が別れていて私たちの世界は「南の贍部州」(読み方わからん)だそうです。
東西の州は身長4mで寿命は250・500年という人たちがいるらしい。
Seid ihr das Essen ? Nein, wir sind der Jäger ! ←そうじゃなくて。
関係ないけど、紅蓮の弓矢の紅蓮って、仏教の言葉からきてるらしいよ。
ていうか、ミカサの体重ってエレンより重いんだ…(うっかり別のことを調べだしている人)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

なにこれ、かっこよすぎる。 «  | BLOG TOP |  » 仏教≒ラノベ的な話

最新記事

カテゴリ

夢日記 (1764)
TODでFF4 (23)
写真 (38)
テイルズオブミラージュ (55)
小話*裏話 (89)
バトン・質問etc (68)
リオンがらみ。 (17)
あとがき (69)
メッセ返信 (354)
オリジナル (33)
アクアリウム (34)
備忘録 (73)
作ってみた (73)
文庫化イベント(?) (19)
生きもの係 (23)
エッセイになりそうな (14)
おでかけとか。 (15)
イラスト練習 (23)

ツイッター

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR