fc2ブログ
topimage

2024-05

天皇が、ラノベ設定にするとすごいことになる。 - 2015.03.07 Sat

別に右寄り、ってわけじゃないのですが、純粋に面白いと思ったので、脳内で膨らませてみました。
ラノベ設定だと思うと、すごいんだって。

世界で最も古い歴史(国号)をもつ国の皇帝。
しかも、世界的に見てラストエンペラー。
さらに、国土は世界地図上で最小クラス。
その上、ふだんはそう見えないのに法王(最高位)も兼任している。
その為、世界で最も強大と思われる宗教の法王でさえも立場的には凌駕する。
極め付けが、そういうことを普段まったくひけらかさない。

さらに昭和天皇の逸話(性格)をミックスさせる素材はこんな感じ。


*敗戦後の天皇陛下のエピソード*
GHQの中では、方針は主に3つだった。
1 東京裁判に引き出して絞首刑
2 某左寄り政党をおだてあげ、人民裁判の名のもとに血祭りにあげる
3 支那(中国)に亡命させ、暗殺
いずれにしても、殺す予定だったらしい。
ダグラス=マッカーサーは、天皇が来ると知り、パイプをふかし、ソファに腰かけ、足を組み、徹底的に小ばかにした姿で天皇を迎えた。命乞いに来るものと思っていたから。
しかし、天皇はこういった。
『日本国天皇はこの私。戦争に関する一切の責任は私にある。
 私の命においてすべてが行なわれた故、日本にはただ一人の戦犯もいない。
 絞首刑はもちろんのこと、いかなる極刑に処されても、いつでも応ずるだけの覚悟がある』
実際は、戦争してもいいことなんかないよ、印なんて押したくないよ。
と言っていたのに、おバカな官僚の責任をすべて追ってすさまじい潔さです。
この頃、どこの国の王も自分が助かることばかり考えるような人たちだったので、マッカーサーは驚いて立ち上がると今度は陛下を座らせ、姿勢を正したそうです。
で、最後はこうなる。
「天皇とはこのようなものでありましたか!天皇とはこのようなものでありましたか!(←大事なことなので二度言った)
私も、日本人に生まれたかったです。陛下、ご不自由でございましょう。私に出来ますることがあれば、何なりとお申しつけ下さい」。

蛇足ですが、この後、高官たちは陛下が国を回ると聞いたときに「石投げられたれ」と思いましたが、実際は人の輪ができるばかりで昭和天皇に石を投げる者はいなかったそうです。
人徳(そして高官がアホすぎる件)。
マッカーサーもマッカーサーで、この時、昭和天皇に心服し、大統領から「日本に1000万の餓死者を出せ」といわれていたにもかかわらず、陛下のために6600万の民に対し8000万分の食料を調達し、それがばれ、解任されてしまったということです。
でも、自分の認めた人のためにできるだけのことをしたのだから、きっと後悔はしてないだろうな。


さて、周りのエピソードはおいといて。


つまり、天皇は普段は一小国の皇帝なんだけど、実は世界最後の皇帝であり、いざとなったら法衣をまとい神の力を使って、さらに技術先進国でもある自国の力も使えたりするのです(一部脚色有り)。
東の大陸のさらに東の小国の皇が。
なんでしょうね、その特殊設定は。
私の脳内ではラノベファンタジー系のイラストで、異世界の小国の陛下とやらがハイエロファントとして、青年で描かれています(笑)
性格も脚色されてどっちかというと謙虚というより自信満々でアクティブな感じのキャラクターに。
うーん、いつかイラストで描いてみたいですね。
ていうか、これ、小説とかも書いたらラスト付近で盛り上がること請け合いだと思う。
小国すぎてあんまり普段は相手にされてないのでお忍びとかしてる陛下が、最後に悪者(主に、どこかの高官とか)に身分を明かせばいいと思うよ(妄想)。
あれ?でもそれって水戸黄m(ry

別に主人公じゃなくても、ゲームでサブキャラで出たら人気出ると思うよ。
マッカーサーな立場の人も、解任後に天皇の国に亡命して、右腕になったらもっと人気出ると思うよ。←ここら辺がラノベ的発想。

● COMMENT ●

この小説読みたい(笑)


管理者にだけ表示を許可する

動画作ったー!!(※思いっきり途中です) «  | BLOG TOP |  » 休日出勤中~

最新記事

カテゴリ

夢日記 (1769)
TODでFF4 (23)
写真 (38)
テイルズオブミラージュ (55)
小話*裏話 (89)
バトン・質問etc (68)
リオンがらみ。 (17)
あとがき (69)
メッセ返信 (354)
オリジナル (33)
アクアリウム (34)
備忘録 (73)
作ってみた (73)
文庫化イベント(?) (19)
生きもの係 (23)
エッセイになりそうな (14)
おでかけとか。 (18)
イラスト練習 (23)

ツイッター

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR