fc2ブログ
topimage

2024-04

ふぁすてぃんぐ - 2015.12.17 Thu

週初めに係長のお誘いで、カニ食べ放題に行きました。
食べ放題って、思うほど食べられないから興味ないんだけど、前から行きたい行きたい言ってたので、係員だけだしたまにはいいか、とおつきあい。

が、しかし。

なんで食べ放題なのに食べないんだとか係長は一緒に来た奥様(しかもカニ食べない)と言い合っている。
しかも係長がお金だしてくれたので、食べないわけにはいかない状態。
割とがんばって食べたのだと思う。

夜中、寝苦しくてほぼ徹夜で次の日もかつてない動悸に襲われ「食べ過ぎ怖い!」という状態に陥り、断食3日目です。
ダイエットのためじゃないです、体が悲鳴を上げた感じがしたので胃を休ませてる。
おしゃれに言うと「ファスティング」ってやつですね。
10月中旬にもプチ断食したんだけど今回はもう全くお腹すかないので、一週間くらい行けそうな感じのところ明日、職場の忘年会だよ。残念すぎる。
断食直後に、ドカ食いすると腸捻転(字のごとく腸が捻じれる)起こして死ぬことがあるらしいです。何それ怖い。
まさか、係長に「この間のカニが原因で断食してます」とか言えないし、ある程度、食べざるを得ないだろう。
私の性格を把握してきているらしいH君は「どこまで行けるか楽しんでそうですね」とか言っててはい、全くその通りです。
というわけで仕方なしに、今朝から回復食に切り替えてます。
本来は、断食期間以上をかけて回復しなければならないらしいけれど…
とりあえず、宴会場に、一人分特別料理(温野菜とかおかゆとか)にしてくれるよう裏から手配はしている。
本当に、まったくもってこの中断は残念です。
ちなみに体重は今朝の時点で-2㎏。もちろん、食べれば戻るレベルです。
なので、ダイエット目的に断食するのはどうかと思う。回復に失敗するとリバウンドするようだし。
で、前々から知ってはいたけど、割と下の話になるのでなかなか人には話せない雑学を以下でしたいと思う。

雑学だとすぐに小説化したくなるんですけどね、どうなんだろう。
思わす、デュナミスファミリーと話してるところ考えてしまったけど、私自身が下ネタは苦手なので、やっぱり表に上げづらいよなー(汗)と思う。
人体生理学的な話なので汚くはないです。
本来的には。(人によって受け取り方が違うのでなんとも)

以下、雑学。難しくないです。

文字にするのも言葉するのも憚られる(というか私は幼少期から口で言ったことがない気がする)、トイレでする大の方。
すみません、これが精いっぱいの表現です(滝汗)
他の表現? 御様づけしたり汚穢とかもあるみたいですけど、汚い言葉に様づけしたところで汚いので、割愛。


これが、何でできてるか、気になったことはありませんか?


うん、「ねぇよ。」って言葉が聞こえた。
まぁおかしいよね。小さい頃から消化しきれなかった食べ物だって言われてるじゃない。普通そんなこと気にもしないじゃない。
私は、ふとある時、気になってしまい、その途端にそれは汚物ではなく「未知の物体」と化しました。
実物をどうとかはないです。とりあえず、図書館。
で、専門書を読んだ結果。

あれは、8割が水分で、残りの2割の3分の1が死んだ細菌、3分の1が古い腸壁などの細胞、残りが食べカス的なものだそうです。
なんとなく、食べかすだけじゃないってのは知ってたのですが、むしろ食べかすはほんの6.7%しかないという事実(本や人によって諸説はある)。

でも確かに細胞が毎日生まれ変わっているとすれば、垢のように排出しなければならないし、無論、腸内細菌なども日々更新されてるだろうから、当たり前といえば当たり前です。
個人的には水分8割の方が驚きです。

腸内細菌や細胞がからんでくると、色が違うことももちろん、何らかの化学反応であり、理由がある。
そもそもあの色は「胆汁」が化学反応を起こしてつくそうです。
なので脂質をとりすぎると白っぽくなったり肉を取りすぎると黒っぽくなったり。
まぁこの辺は割と有名(?)だと思いますが、原理的には腸内のpH(酸性度)によって変わるらしい。
例えば、胃酸という言葉が指すように本来、腸や胃は酸性です。
肉を食べ過ぎると酸性にする善玉菌ではなく、タンパク質を好む悪玉菌が増殖してアルカリ性になる。
この悪玉菌は、アンモニアなどの有害物質を作るため、臭いもくさくなります。
健康な人のものは臭いません。

小難しくなってきた気がするけど、最近テレビでやってる「腸内フローラ」とかもここら辺がらみですね。
腸内フローラっていうのは、腸内にある100兆個以上の細菌群のお花畑の様なものと言われています。
ていうか、お花畑の表現、おかしい。
まぁこのお花畑をおなじみのビフィズス菌やら乳酸菌やらの善玉菌できれいにすると、元気で美人になりますよとかそういうこと。

結局、腸の関係なのでここらへんが今、的にしているものにダイレクトに関わってくるのも理解できますね。
関係ないけど、悪玉菌の生み出す悪臭のひとつ、インドールは薄めて低濃度にした場合、ジャスミンなど多くの花の香りの成分になるとかは知らない方が良かった、と本気で思う。

この辺を知ったのは、実は結構前で自分の中にとどめていたのですが、断食をするにあたり胃はからっぽのはずなのにきちんとお通じあるので自らの身を持ってこれらは「体内の細胞と細菌の死骸である」と実証されたので書いてみた。
ちなみにこれを「宿便」という人もいますが、そんなものはないです。
ここまで読んだ方はおわかりでしょう。
腸壁の細胞は毎日生まれ変わり剥がれ落ちているのです。
そこにくっついてる物体が新しい細胞にわざわざ移動するわけないじゃないですか。ちゃんと一緒に排泄されてますので宿便は理論的にもありえません。
ただ、滞留便というものはあります。
昨日食べた残りが流れ切らないとか、腸が渋滞してる(便秘)とかそういうやつ。
世に言う宿便は、ずっと排出されずに岩のようにこびりつくとか言われているので、基本的に違うものです。
そんなものが腸内にあったらそれこそ、死んでしまうわ…
そういう意味で長期滞在型の宿便=滞留弁とか言ってるサイトはなんなのかと思う。

ともあれ、細胞云々まで行くと、生き物ってものすごく複雑で緻密な作りなのだなと思います。
細菌や細胞の死骸ってことは、それらは体を維持するために働いてくれたものの末路ということで…
ちょっと見方かわったわ。素手で触れるとかそういうことはまったくないですが

体というのは簡単に、無理をして壊していいものではないかもしれないですね。
脳内で飛躍するする。

神が与えたにせよ、科学的な進化にせよ、生き物の仕組みはすごいことだと思います。 ←飛躍

ジェイド「おや?また会いましたね」状態。 «  | BLOG TOP |  » 日常会話。

最新記事

カテゴリ

夢日記 (1764)
TODでFF4 (23)
写真 (38)
テイルズオブミラージュ (55)
小話*裏話 (89)
バトン・質問etc (68)
リオンがらみ。 (17)
あとがき (69)
メッセ返信 (354)
オリジナル (33)
アクアリウム (34)
備忘録 (73)
作ってみた (73)
文庫化イベント(?) (19)
生きもの係 (23)
エッセイになりそうな (14)
おでかけとか。 (15)
イラスト練習 (23)

ツイッター

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR