fc2ブログ
topimage

2024-04

ふしぎの国のアリス(短縮版) - 2016.11.14 Mon

アリスはある日、お姉さんと外で過ごしていました。
「珍しいわねー。おとなしくシンが主人公とか」
「だって、不思議の国のアリスだよね、なんかいろいろおもしろいことあるんだよね?」
そうして、お姉さん(=ルーティ)が昼寝…本を読んでいる間のこと。
「しまった、遅れてしまう。早くいかなければ!!」
……なんと、二足歩行の白いうさぎが金の懐中時計を見ながら走っていくではありませんか!
アリスはそれを見て……
「……黒くない?」
「肌の色のことかな?」
銀色の髪の大きなうさぎ(=ウッドロウ)はそうして振り返りましたが、
「さぁ、追いかけておいで……!!」
そういって、慌てた(余裕な)様子で走り去っていきました。
……アリスはお姉さんの横にある本を手に取って見ます。

    『不思議の国のアリス』

「……」
「行かないの?」
「うーん」
アリスはその本を最初から最後まで読んでみました。
その本には、食い意地のはったヒロインが、得体のしれない液体を飲んで大きくなって泣きじゃくって自分の涙の池でおぼれかけたり、得体のしれないキノコを食べて小さくなったり、人の家で勝手に飲み物飲んで大きくなったり、ケーキ食べて小さくなったり、気が狂ったようなお茶会が開催されていたりしました。
ヒロインの最後をしめくくるセリフは「あんたたちなんか、ただのトランプのくせに!」!

……期待していた不思議という要素は、あまり感じられませんでした。

「……私には無理」
「そう」
そんなわけでアリスはお姉さんと一緒に、小春日和のうららかな中、本を読んで過ごすことに決めた一日でした。

うさぎ?何それ。

―――――了―――――


ていうかね、まじめにアリスパロしようと思ったけど、無理っぽかったので落書き。
セリフが狂いすぎてて配役できない(でもなぜかウッドロウだけウサギ役が真っ先にはまった)。
アリスの情緒が不安定すぎて、シンが当てられない。
最初の40㎝のドアは液体飲まなくても、普通に頭入るしほふく前進で抜けられるかもしれないと思うと無理無理でした。
世の中に出回ってるアリスパロって、キャラだけかっこよくはめてるだけなんですね(笑)
一番まともなのはチェシャ猫だと思いました。

アスタリアでリオンがチェシャ猫やってるせいか、そこは割とリアルに想像できた(笑)
あと、真面目に書いたら、ウッドロウがヒロインの怒りを買って銃を片手に追いかけられるとか言う構図。
アリス役にはリアラだったらいろいろ不思議が巻き起こって合いそうだなと思いました。

予告+事務連絡+レシートなるもの «  | BLOG TOP |  » 関東屈指のパワスポらしい(榛名神社行ってみた)

最新記事

カテゴリ

夢日記 (1764)
TODでFF4 (23)
写真 (38)
テイルズオブミラージュ (55)
小話*裏話 (89)
バトン・質問etc (68)
リオンがらみ。 (17)
あとがき (69)
メッセ返信 (354)
オリジナル (33)
アクアリウム (34)
備忘録 (73)
作ってみた (73)
文庫化イベント(?) (19)
生きもの係 (23)
エッセイになりそうな (14)
おでかけとか。 (15)
イラスト練習 (23)

ツイッター

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR