fc2ブログ
topimage

2024-05

実は私はいい人なのではないかと思った。 - 2018.01.17 Wed

職場に、何かと話題に上る人がいます。
それは掃除のおばさん。
今の課に配属されて半年と少し経ちましたがなんとなく物がなくなるとその人の仕業だったりするということがわかってきて久しい今日この頃。
そして先日も、××がないという話になり…
Iさん「めったに使うものじゃないのになー」
Mさん「なんでなくなるんですかね」
私「……(あの人かな…でもすぐにそうやって誰かを根拠もなく疑うのもよくないよな)」
──と、思いつきについて自主反省をする私。
その話を正直にする。
S先生「みんなそう思ってるから大丈夫」
Mさん「……(背中を向けているがすごい勢いで頷いている)」
Iさん「全員が退勤した後、事務所に入ってコピー機勝手に使ったりしてるし(そして原稿を忘れていくのでバレている)」
S先生「なぜか細かい物の配置を把握してて怖い」
事務員がいなくなった後に、掃除のために入るのは仕方ないとしても勝手にあちこち漁るというのはどうなのだろう…
S先生にいたっては「切れるほうのハサミ貸して」事件があり「なんで『どっちが切れるか』知ってるの…いつ使ったの…」と恐怖の対象になっている。
Iさんなんか「爪きり貸して」事件があり「なんで机の中に入ってるもの知ってるんだ」と嫌疑の対象になっている。
Mさんは「年賀でもらったタオルを流し下においておくと全部なくなってたりする」とタオルを別の場所に隠す始末。
そして、当の本人は常に仮想敵国(人)を作って誰かしらの不満ごとを大声で喚くタイプ。
めちゃくちゃ灰汁が強い(汗)
だが、その人は、職場のOBであり、自分も割とよく知っている。悪い人ではないのだ。
だから「黙って物を借りて元の場所に戻さない」ことはあっても「盗る」ということはないと思っている。事務所にある未開封の菓子折を勝手に開けて、いる人だけで分けた事件があったとしても、良心的な考え方をすれば「分ける」だけまだ良心的だろう(自分だったら絶対しないが)。
人に世話をしたり物をあげるのが好きだ(お返ししないと文句言い出す側に回るけど)。それがものすごく行き過ぎているだけで気は悪くないのだと思う。
うまく扱えば、割と動いてくれる人なんだよ。
これだけみんなが疑いのまなざしで見ている(机の鍵もそのために全員新調することに)のに、こうやって考える自分が、実はすごくいい人ではないかと思えてきた。
いい人って言うか、可能性の問題なのかもしれないけど。

しかし、時差出勤で出てくるたびにソファにドカッと座って新聞を読み出す行為は解せない。
お前は重役か。

ブログ限定小話「オレと彼女」 «  | BLOG TOP |  » 日曜出勤しました

最新記事

カテゴリ

夢日記 (1769)
TODでFF4 (23)
写真 (38)
テイルズオブミラージュ (55)
小話*裏話 (89)
バトン・質問etc (68)
リオンがらみ。 (17)
あとがき (69)
メッセ返信 (354)
オリジナル (33)
アクアリウム (34)
備忘録 (73)
作ってみた (73)
文庫化イベント(?) (19)
生きもの係 (23)
エッセイになりそうな (14)
おでかけとか。 (18)
イラスト練習 (23)

ツイッター

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR