fc2ブログ
topimage

2024-02

続・命の天秤→文字コードチェック(完了) - 2018.07.17 Tue

>鞍馬さん
メッセありがとうございます。しかも毎日のように来てくれていたなんて…直ってなくて申し訳ないです。再チェックかけてみたのでもう一度見てみてもらえますか?
丁寧なメッセージありがとうございます。そんなに来てくれてたなら、何かリクエストあったらお聞きしますよー
お礼とお詫びを兼ねて。…正直、今の私に応えられるか微妙ですが(;´・ω・)
シリアスでもギャグでも、(自分が思いつかないから)よろしければお好きなものをどうぞ。


新しい物語と言えば、アクアヴェイル編もそろそろ更新かけたいところですね。
4月から仕事のストレスが半端ないらしく、計測始めて現在ひとつきちょっと。ほぼ毎日37台の熱が出ております。
やっぱり12時間勤務の翌日とか上がりやすいみたい。
でも、朝起きてとくに異常を感じないのに、日課だから計ったら「37.5度」とか出た日にはさすがに えぇー!?と思いました。
私の健康センサーどうなってるの?自分で気づかないのに、人が気づくわけないでしょ、鈍いの?

……と思ったとか思わないとか。
昔から、熱に強いというか、動けてしまうタイプではありましたが…慢性化してるのかなー
内部の熱はおいといたとしても、この3日間は酷暑でしたね。
田舎の避暑地みたいな我が家(通常クーラー不要。真夏が一年で電気代一番安い)にいたにもかかわらず、32度とか…
都内歩いてる人は大丈夫なの?(;´・ω・)と無駄に心配してました。
影とビル風のあるところ歩けばまだしも、路地裏とかだとエアコンの排気で熱風食らいますからね…
でも、一人暮らししてた時に猫を探して夕涼みしながら、近くの銭湯行ったりしたのでこの時期の夜の空気と町の匂いはよく記憶に残ってるし、ほっとします。
猫も夕涼み。夏の都内の住宅地では割と見かける。

田舎の休日の朝夕は、落ち着きません。
農家の人が朝早くにカブか何かでブーンって田んぼの水見に来る音とか、散歩をしても人口密度低すぎて知り合い率高いから神経使う。
知っているのは主に向こうだったりするのが、また。
歩けば他人だらけの中の方が、私は落ち着くのですよ…人がたくさんいてもどこでも「ひとり」になれますからね。
三つ子の魂百まで、というやつでしょうか。
たぶん、地方に生まれた人はその感じが嫌なんだろうなぁとは思いますが…
目立つの嫌いだから、木を隠すなら森状態。
田舎は人口密度低すぎて「避雷針つけないで雷雨の鳴る平原を歩いてる」ような状態に感じます(笑)
でも、自然は良いですよ。なんだかんだいって、お題の自然描写は現実からもらっているわけですし、でも都内に行ったらそれはそれで、どこでも何でも何らか感じるものはあるから同じか。

記憶に残っている中で好きな光景は、毎日の通学で帰りの駅のホームから見えるほっとするような夜景とか、夕焼けの中にそびえるいくつもの高層クレーンの影が、まるでドラゴンがたくさんいるように見えたこととか。


外に出ればどこにでも、感動と想像の種は、落ちている。
外に出れば。

レイズ布教 «  | BLOG TOP |  » 新聞社やっちゃった。

最新記事

カテゴリ

夢日記 (1759)
TODでFF4 (23)
写真 (38)
テイルズオブミラージュ (55)
小話*裏話 (89)
バトン・質問etc (68)
リオンがらみ。 (16)
あとがき (69)
メッセ返信 (354)
オリジナル (33)
アクアリウム (34)
備忘録 (73)
作ってみた (73)
文庫化イベント(?) (19)
生きもの係 (23)
エッセイになりそうな (14)
おでかけとか。 (13)
イラスト練習 (23)

ツイッター

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR