fc2ブログ
topimage

2024-04

鳥さんたち仲良しさん - 2019.02.14 Thu

小学校のころ…鷹匠にあこがれていました。
一般のご家庭で外で鷹はなすとか無理なので、憧れの範疇で済んでましたが、最近、スイ(文鳥)が似たようなことをしてくれます。

かごから出してあいさつした後、部屋の端まで飛んでいき、腕を出して呼ぶとそこに戻ってくる。
しかも複数回繰り返す(遊びなのだろうか)。
その上、ひもを投げると「取ってこい」もするのです。
そのままコタツに潜りたいような様子もあるので、巣材にしたいのだろうかと思ったけど、持ってくるとぽろって落とす。
手のひらに持ってきたときはそこでぽろって放して、しかも投げる方向に先回りする。

なにこの子、頭いい。
(※文鳥は犬猫と同じくらい頭がいいと言われています)

知ってたけど。
空気読む。すごく空気読む。人間よりよっぽど空気読む。
こっちが疲れたり静かに過ごしたい素振りを見せると、途端にしんとして(あるいは声がものすごい控えめになる)、本当に落ち込んだがごとく伏せったりしてると腕のとこにやってきてただ黙って佇んでいる。

なんか、人間は自分の心配を押し付けがちな人いるけど(ほっといてくれという時)、この紳士っぷりはなんだろう。
しかもイケメン。
うちの子かわいいとかそういうレベルじゃなく(←みんなかわいい状態になるので、身内びいきはない)、普通に大型ショップからつれてきた子なのでおそらく「選別」はされた容姿なのだと思う。
グッピーとかよく増えるけど、雑交配してるとメダカみたいになって、店では餌になるらしいですよ…(なので、本気のブリーダーもきちんと選別する)。
花も店先に出てるのは一級品なわけだし、生き物で「選別」とか微妙ですけど、実際店にとっては「商品」なのでそうなる…(哀)

しかも一緒に飼ってるキンカチョウとインコが、スイのこと大好き。
(スイは自分を人間だと思っているので、興味を示さない)
文鳥はもともと気が強いと言われていますが、自分より大きな鳥にも威嚇します。
男らしい…!(笑)
ということで、強く優しく繊細で、空気読むとかどんだけイケメンなのよと思う今日この頃です(神経質な感じもする)。


そして、インコのおーちゃんが最近、スイのことを気にして気にして遊びたい!という主張を良くします。
と言っても、純正手乗りではないので正面の扉を開いておくとそこに出てきて歌ったり話しかけたりしてるだけですけど。
スイを近づけると手に乗ってきて遊んで遊んでとばかりにおいかけます。
つんつんしようとしては怒られている。
なんだこれ、和む。
これが4,5日続いた結果、上のかごから畳の上にまで下せるようになって、文鳥がチョンチョンチョンチョンって感じではねるとその後を「てこてこてこてこ」とついていくインコ…
和みすぎる。
(歩き方違うので音がおかしい(笑)
まぁ、彼はすぐに自分からかごに戻ってしまうのですが…昨日は自分から部屋の中を何度も旋回してましたね(一周して戻るだけで他の場所には下りない)。

でもおーちゃんは親愛のしるしでくちばちをカチカチとたたき合わせようとするけど、文鳥にとってくちばしを向けるのはケンカを売る行為なので、異文化理解は進んでません。
行司のごとく、めげずに遊んでアピールするおーちゃんが怒られる前に割って入り、あまり近づきすぎないようにする飼い主。

基本スイは優しい(無関心ともいう)ので、近づきすぎなければ寛容です。
あれ、なんか誰か思い出すわ。なんだろうこれ。
ちなみに飼い主以外が無粋に近づくと、怒ります。

関係ないですけど、とある人からは「飼い主に似ている」と言われました。
そうか…?鳥も飼い主に似るの…?
(友人宅の文鳥のオスは、話を聞く限り尻に敷かれマンなので、文鳥にもいろいろいるんだなとは思っている)

キンカチョウはお隣のスイがいなくなるとみーみーみーみー大声で鳴きだす。
けど、慣れ具合が野鳥状態なので全然出せないの、ごめん。
まっしろな彼女は美人のお嬢様風ですが、換羽期になると目の上の羽根が抜け、まゆげができたようになるので、面白おかしく見守っています。

パソコンが壊れました(2台目) «  | BLOG TOP |  » TOD3短編「例外な例外」

最新記事

カテゴリ

夢日記 (1764)
TODでFF4 (23)
写真 (38)
テイルズオブミラージュ (55)
小話*裏話 (89)
バトン・質問etc (68)
リオンがらみ。 (17)
あとがき (69)
メッセ返信 (354)
オリジナル (33)
アクアリウム (34)
備忘録 (73)
作ってみた (73)
文庫化イベント(?) (19)
生きもの係 (23)
エッセイになりそうな (14)
おでかけとか。 (16)
イラスト練習 (23)

ツイッター

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR