fc2ブログ
topimage

2024-04

11月18日の下書き - 2020.01.05 Sun

…によると、久々に集中爽快作業をしていたらしいです。
検索したら出てこなかったので、書くだけ書いて更新しなかったのかと(最近あるある)。
以下、本文。


*これまでの経緯*
PCが立て続けに壊れ、新しいPCを買うも、手持ちのPhotoshopが入らないことに気づいた。
adobeの「クラウドしかこれからはつかえないよ」という陰謀である。
adobeは従来から、パッケージ版ずっと使えるよみたいなことを言っていたのにとネット上は春先騒然となっていたようだが、今頃困り加減である。
調べているとMACではパッケージ版をインストールできる裏技があるらしい。
しかし、WINDOWSに抜け道はない。

そこで、ふと、思いついた。
脳内に新風が巻き起こった瞬間。

* * *

というわけで、ここから先、久々に未知の分野に手を出した記載がありました。
長文なので、はしょって掲載。
わかりづらいので、箇条書きにもしてみる。

・無料のOSに「UBUNTO」というものがある。
・OSって何?→WindowsやMacみたいな、プログラム知識なくてもオペレーティングしてくれるシステムのこと
・UBUNTOは、Linuxでできている。
・Linuxって何?→実はMAC、WINDOWSと並ぶ大勢力の一つ。イメージ的は玄人志向。よくサーバを立てるなどに使われる。
・リーナスさんという天才の発想と、無数のエンジニアの善意から、オープンソースで発展している。
・オープンソースって何?→「みんなで、もっと良いもの作ろうぜ!」という素敵思想の元、無料で公開、誰でも改変・使用ができる。
・結論。UBUNTOは、善意のエンジニアさんが無償で作り上げてくれた無料のOS


で、これが冒頭の「もうパッケージインストールできないのか、困った…」にどうつながるかというと、

・突如、ひらめいた。「UbuntoでWindowsのソフトも使えるんじゃね?」
・PS4でWiiのソフトが遊べないように、通常、OSもそれぞれ対応するソフトでないと使えない。
・しかし世の中にはエミュレータというものが多数存在している。
・OS作っちゃう腕を持ちながら、無償で、おそらく楽しんで切磋琢磨しているであろうエンジニアの人たちが、

エミュレーションしてみないわけがない。

と、謎の確信が下りてきた。
・そもそも金のためにシステム作る人はそういうものはあまり作らない。
・が、無償=やってみようぜ!な意思のもと動く人たちは、遊び心とチャレンジ精神を持ち合わせていることを私は知っている。
・案の定、同等のプログラムの存在を確認。
・しかし、導入に難航。やはり、Linuxだけあって、コマンドプロンプト(コンピュータへの命令文)みたいなものを使えないと、特殊なプログラムを動かす以前の問題だ。

つまり、希少なお宝ほど簡単には手に入らないということですな。

なお、UBUNTO自体は普通に知識のない人でも使えます。そのためのOSだから。
USBメモリにDLしてブート(起動)すればOK。
USBから起動できるとか、天使の羽並みの軽さですね。
インストールしたなら、Windowsとの同居も可能。
「Windows壊れた!PCにデータ保存しているのにどうしよう!!」という時はubuntoから簡単に救済することが可能です。
実際、そういう使い方でおすすめとして雑誌に載ってたのを見たのが一年位前だったでしょうか。

作業、続く。

・導入以前にコマンドプロンプトに値する機能をどこから起動させるのか探すところから始める。
・それなんて、レベル1。
・村長「勇者様!村の宝がモンスターに盗まれたのじゃ、探してくだされ!!」みたいな展開。
・「ターミナル」でした。かっこいい(しかし、PCにインストールしたら「端末」になってた。分かりづらい)
・ネットで書いてる人によって違う記事から、コマンドをコピペして(自分で入力するとかそういうレベルではない)、試行錯誤すること数時間…
・Windowsのソフトをインストールするためのソフトがインストール完了。

結論。

お絵かきソフトのインストーラは動かなかった。
UbuntoでWin7とVistaまで偽装したのに、動かなかった。
これはつまり、「古いパソコンでもAdobeパッケージはインストールできなくなっている」ということで、

一体どういうカラクリを施したらそんなマネができるんだ?

と、某社のインストールさせない作戦にとてつもない謎が残っただけでした。
まさか、パッケージ内のインストーラーネットにつながった瞬間に書き換えられるわけじゃないし、そうすると過去のWindowsでもインストールできないっていうのがすごく不思議です。

でも、久々に新しい技術に触れ、途端に頭の中がすっきりしたというかものすごい勢いで動き出したというか、これこれ、この謎解きの感覚。
これが自分らしいやつなんだよなぁと久々にちょっと楽しかったです。

本来のUbuntuのOSとしての感想は

とても軽い。
機能的にはWindowsのソフトも動かせるくらい優秀なのに、XP時代のPCで十分と言われている。
メール、ネット、音楽とかそれくらいならむしろWindowsである必要もない。

このムダのなさは私好みです。
これでオープンソースの良いお絵かきソフトがあるようなら、ハイスペックなWindowsPCとか要らなくなるな……
なんでこれ広まらないんだろう、と思ったりした一日でした。


…………………………………………これが、結果こそ出なかったものの、11月18日現在のわたくしのトライ&エラー。

「できないということ」が「わかった」。
という収穫日だったようです。
後、触ったことのないものに触ったわくわく感。

1/4現在の状況 «  | BLOG TOP |  » 年末、榛名神社参拝レポ2

最新記事

カテゴリ

夢日記 (1764)
TODでFF4 (23)
写真 (38)
テイルズオブミラージュ (55)
小話*裏話 (89)
バトン・質問etc (68)
リオンがらみ。 (17)
あとがき (69)
メッセ返信 (354)
オリジナル (33)
アクアリウム (34)
備忘録 (73)
作ってみた (73)
文庫化イベント(?) (19)
生きもの係 (23)
エッセイになりそうな (14)
おでかけとか。 (16)
イラスト練習 (23)

ツイッター

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR