fc2ブログ
topimage

2024-02

コロナの被害の半分は、心の弱さで出来ています。 - 2020.04.27 Mon

バファリン。

最近、天気がよくて、昼下がりになると縁側(ないけど。それっぽいもの)に出て日向ぼっこをしています。
太陽が高くなって、家の中にはほとんど日向は入ってこなくなった。
家で過ごすというのは、自然の変化がよくわかるようになるのだなぁと感じます。

毎朝、鳥の声で目が覚めて、朝日の上る時間もどんどん早くなっていく。
同じ鳥は日没前に帰ってきてまたさえずって寝床に帰っていく。

こちらは桜が風で散るくらいになりました。
桃は満開。
世の中コロナで心の相談が増えているというけれど、出かけないことに関しては、小さな世界がそこここに広がっているので全然ストレスにならないなぁと思いました。

えっと、そういうのなんていうんでしたっけ。
大きなものの中にある小さなものの仕組みは、大きなものと同じようになるそうで。

宇宙の中にある星は、宇宙の法則の縮図の法則になるそうです。
人も同じ。

そう考えるとでかけてもでかけなくても、同じものは見える。
でも、年中人と接していないと不安になる人も多いんだろうな。
人間は元々、群れで暮らす生き物なんだから、その方が普通なのかも。
それ以前に、在宅勤務なんて夢のようじゃないかと思ったけど、子どもも休みでギャーギャー騒がれればその隣で仕事とか、確かに地獄だ。
DV増えるわそりゃ。
亭主元気で留守がいい妻もストレスゲージ上がりそうだし、負のスパイラルから生まれたものが、陽性出てしまった人やその周りの人に向けられている感じがします。
こういう時になると人間の未熟さ、愚かさ、浅ましさが滲み出てくるんだなぁと。
一方で、そうでない人との二極化もはっきり見える感じがする。
身勝手な行動をする人たちは、不安だから関係ない人を攻撃して、不安を解消しようとしてるっていうのがすごくわかるようになった。

どのみち、思いやりがないという未熟さなんでしょうけど。
秩序が崩壊したら、生き残るのはそういう人たちなのかもなぁ。
店内で他人の物をひったくってレジに行くおばさんとか、商品説明見もしないで購入してAmazonでクレームつけてる人とか、コロナじゃなくて不安とか感情にやられている。

こんな時だからこそ、冷静にいきたいものです。


外出自粛して、コロナよりそういう人たちに出くわさないようにしていた方が、無難。
明らかに不愉快になる人たちを見ることになるより、やさしい気持ちになれるものを見聞きしている方がいい。

滅多に聞かないクラシックでもかけるか。

有名どころで好きなのはホルストの「木星」、めちゃめちゃハイテンションハイテンポなら「キャンディード序曲」、癒し系なら「カノン」が好きです。
でもBGMならYOUTUBEのモーツァルトでいいでしょう。

世界の終わりと狭間の僕ら «  | BLOG TOP |  » ちょっと人生に役立つ(かもしれない)こと

最新記事

カテゴリ

夢日記 (1759)
TODでFF4 (23)
写真 (38)
テイルズオブミラージュ (55)
小話*裏話 (89)
バトン・質問etc (68)
リオンがらみ。 (16)
あとがき (69)
メッセ返信 (354)
オリジナル (33)
アクアリウム (34)
備忘録 (73)
作ってみた (73)
文庫化イベント(?) (19)
生きもの係 (23)
エッセイになりそうな (14)
おでかけとか。 (13)
イラスト練習 (23)

ツイッター

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR