fc2ブログ
topimage

2024-02

いつもと違う、草津レポ2 - 2020.08.15 Sat

昨日の続き。

草津の白根神社に参拝し、案内された通り東へ向かう。
なぜか弁財天神社にたどり着きました。

弁天様は芸術の神様なので、最近小説や絵をよく書いているし、これも何かの縁だとお参り。
社務所に戻ると御朱印を用意してくれていたおじさんが、その神社は管理が違うんだよと教えてくれました。

何かを感じられる人ではないですが、こういう時は呼ばれるというのかなぁとも思います。
白根神社は境内が広く、なんで神職常駐しないん?というくらいそれなりに大きな神社です。

敷地の中にはシャクナゲの広大な公園になっていて、ある意味ちょっと迷路っぽい。
弁財天神社から戻ってくるときも、敢えて別のルートを通ったのですが、雨上がりでフィトンチッドのすごく良い香りがしていて、迷子というより「どこに行ってもいいことしかない」みたいな感覚で見知った道に戻りました。


ただ歩くだけでもすごい癒し。
そんなわけで三峯の分社に行きましたが、こちらは分社というか、講社?

いや、違うはよくわからない上にGoogle先生に聞いても出てこないのですが、よくよく見ると「ご眷属を借りる札」が収められていたので……


ほら、三峯神社には昨年12月に宿泊してるんですよ。
その時に、そういうのがあるのを知り。
お稲荷さんもそうですが、会社だとか個人で眷属を借りるのは「講」になるそうです。

分社は多分、眷属じゃなくて、ご祭神の分霊をするのだと思う。

というわけで、三峯の眷属信仰=狼ですね。
なんということでしょう。

今現在、連載中の小説「せかぼく」にて私は、狼っぽい存在を出しております。
どことは明記してないけど、三峯のイメージはあった。

そんなわけで、これもすごい縁やね……

などとポジティブシンキングをしつつ、ここはまた別の、アロマの精油のような木の良い香りがしていました。

そして、反対方向にある諏訪社も参拝してやっと西の河原方面へ。
レポが長いよ10-wiseさん。
現在の虚弱な体力の私にしては、とてもよく歩きました。

で、本来の目的だとここから温泉に入る予定でしたが、もう結構時間たってる。
と、言うかそこから1時間、温泉でゆっくり。という気分ではなくなり、引き返すことに。

なぜかいつもは行かないまだ興味圏外の寺に行こうと、湯畑へ。
ここでまた不思議なことに、ふといつもの道を取って返し、通ったことのない道へ進んだところ「金比羅神社」の巨石の文字が。

細い急こう配の階段が、上に向かっていますが神社は見当たりません。
しかし、なんとなく行ってみる。
パンフレットにも載っていない、立派な神社がありました。

おそらく地域で祀っている神社なのでしょうね。
しかし、白根神社内の他の摂社末社より立派だったんだ……
隠れ家的な何かか。

そんなこんなで、神社に呼ばれてる感が強くなるわけで。
そんな「偶然」はまだ続く。

寺。
湯畑のすぐ北で、割と観光客が行ったり来たりしてます。
数年前には遅咲き観音像が、テレビでよく流されていました。

まぁ私も今から小説また連載始めるとか、ある意味、遅咲き(返り咲き?)よな。

と手を合わすと、ふと。
その右手奥に「稲荷神社」があるのを発見。

うおー。
寺の中に神社が……何度か来てるけど、気付かなかったよ(寺オンリーだと思っていた)

あとは、本堂脇で気になった池が「弁天池」だった、とか。

ある意味、高感度センサーが働いている模様です。
お稲荷さんは一応、寺オンリーな空気の敷地内なので、おばさまに聞いてみると、やっぱり神社だった。

ちなみに、ものすごく有名な豊川稲荷は、お稲荷さん=荼枳尼天(だきにてん)であり、神社ではありません。

すごく紛らわしい。

職場の旅行で行きましたが、鳥居がないことと、授与所にいたのがどう見てもお坊さんだったので、確認したから間違いない。

でも今日はそういう日なのですねー

となんとなく思いつつ、ここに至るまで既に14時だったので、広い温泉施設でゆっくりなんて気分ではない私は、共同浴場にちゃちゃっと入って帰ることにしました。

ただ、共同浴場はもともと地域の人のためのお風呂なので、狭くて洗い場などはありません。
駐車場にほど近い煮川の湯に顔を出したところ、どうも5人ぐらい入っているようなので、退散。
煮川の湯は、ずっと前にうどん屋の主人に「草津で最も熱い源泉」と教わった場所です。
名前のとおりね……

基本、草津の源泉は熱いので回転が速いので待っていても良かったのですが、近くに「地蔵の湯」があるのを知っていたのでそちらへ行ってみました。

うわ、観光客ウエルカム仕様だ。
新しくて広いトイレ併設。親切。
温泉自体はもちろん洗い場はないのですが、湯船が広かった。
畳3畳分くらいか。煮川の湯は四人入ったら一杯という感じの記憶です。

先に入っていたおばちゃん一期一会をしつつ……
ていうか、熱い。すごい熱い。

入る前に水温計に気づいて確認したところ45度でした。

え、煮川の湯が一番熱いんじゃなかった?


しかし徐々に慣れてくる不思議。
おばちゃん達が出て行って貸しきりで10分くらいでしょうか。

温泉を堪能して温まり、帰途につくことにしました。

長すぎるので、まだ続く(ホント、誰得なの? 小説の方、書けば?って思う)

いつもと違う草津レポ3 «  | BLOG TOP |  » もう観光地ではない草津レポ

最新記事

カテゴリ

夢日記 (1759)
TODでFF4 (23)
写真 (38)
テイルズオブミラージュ (55)
小話*裏話 (89)
バトン・質問etc (68)
リオンがらみ。 (16)
あとがき (69)
メッセ返信 (354)
オリジナル (33)
アクアリウム (34)
備忘録 (73)
作ってみた (73)
文庫化イベント(?) (19)
生きもの係 (23)
エッセイになりそうな (14)
おでかけとか。 (13)
イラスト練習 (23)

ツイッター

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR