fc2ブログ
topimage

2024-04

雪かきで一日潰れる地方 - 2022.12.26 Mon

時々、無性に、東京に帰りたくなる。
しかしここ数日のそれは今までの感じ方とは全く違うそれで。
いつもは朝来る除雪車が昨日は夜9時半くらいに来てくれて、めちゃくちゃ几帳面に家の前だけかいてくれて

明日、誰か転がす気だろ

というくらい絶対凍結する。絶対つるつるになる。散歩の人かうちの家族が転んで骨折とかシャレにならない。と、そこから雪で歩道を作り直すという作業に追われていました。夜10時に汗かくほど運動するとかかつてない。
庭と道の境も放っておくとかかれた雪が巨大な氷塊になってどかせなくなるのでどかす。
なんだかんだいって(思った通り)朝また雪が積もっていて朝から同じ作業をして、運動不足の10-wiseは筋肉痛どころか筋肉破壊を起こしたような鈍痛を背負って今日は結局、一日寝込んでました。勿体ない。

そして雪かきをしながら思ったわけです。

「人はなぜ、こんな場所で暮らしているのだろう」

と。哲学的(そうでもない)。一日一時間も雪かきするより、玄関先に耐寒性のある植物置いておけるくらい暖かい場所で私は暮らしたい。あと普通に寒くて動けない。
ここ数日で50㎝以上降ったと思われます。日中に溶けるから積もっているのは40㎝くらい?
地面がすっかり見えなくなったので、チョウゲンポウ(猛禽類)の出現によりすっかり姿を見せなくなっていたスズメたちが再来してます。ベランダにも雪が吹き込んでいるので、朝一番でやったのはベランダの雪を掃いて餌を巻きなおすことだった…

あまり寒いので、羽毛布団も新調しました。
布団カバー新調したら掛け替えの際にタグを見て「綿100%? 私が羽毛だと思っていたのは綿だった!?」みたいなことになって、そりゃ寒いわけだよ。羽毛。軽くて暖かい羽毛布団。と人生で初めてうもうふとんというものについてしらべてみた(突然のひらがな)。

グース(ガチョウ)> ダック(アヒル)
ハンガリー>ロシア・ウクライナ>中国 産

でグレードと温かさが決まる。
私が買ったのはお値段以上なダウンパワー440のダックダウンでした。
同じ価格帯にお値段以上なグースがあったのですがそちらはダウンパワー400だったので、なんでダックの方が数値高いんだと思いながら迷った末に数値で選択。
軽い。めっちゃ軽い。温かい。
これ、上掛け要らないな。→取る→めっちゃ寒い

あれ?となったところで、ダブル掛けにしていた前の羽毛布団だと思っていた掛け布団が、羽毛だったことが判明。
綿100%は表地と裏地で、中詰めは記載がなかったから勘違いをしたのですが母に聞いたところ二枚だったものを一枚に仕立て直したものだと。

……そうか、だから重かったのか(?)

しかし昔のものだからか何なのか、結局新調したものの方がすごく温かいです。
そう、羽毛布団の正しい(?)かけ方は「(敷)毛布」→「羽毛」→「上掛け」だった。
体温で羽毛が膨らみ、その熱を逃がさないために上掛けが必要、という構図。
使い方を誤るとそんなに違うんだなーと思いつつ、三日目の昨晩は暖かくお休みしました。

ダウンにハマって、室内用のダウン(上着・ベスト)も購入。たまたま外に来ていく用も古くなったため、そっちも購入。
Amazonで買ったら本物のコクーンファー(養殖タヌキのファー)がついて来てしまったため、返品しようと思います。
フェイクファーになれている日本人としては「本物の生き物の毛皮」って相当抵抗ある。
もう手遅れで、誰かしらが使うものではあるとは思うのですが。
昨年まで愛用していたのはPUMAのベンチコートなのですが、ふつうにファーフード付きの細身シルエットなのでベンチコートには見えず。でも今年はそういうのが見当たらず。代用品は未だ、みつかっていません。
デザインが気に入ったものはピンクとか紫が洩れなく配色されるレディースのスポーツブランド。何故。

とりあえず、Amazonで服買うのはやめようと思った。
貴重な年越しまでの一日を無駄にした感半端ない一日。明日は防寒して室内作業が出来たらいいなと思います。

運動してない歴8か月? «  | BLOG TOP |  » 生きてて初めての話題を語ってみる

最新記事

カテゴリ

夢日記 (1764)
TODでFF4 (23)
写真 (38)
テイルズオブミラージュ (55)
小話*裏話 (89)
バトン・質問etc (68)
リオンがらみ。 (17)
あとがき (69)
メッセ返信 (354)
オリジナル (33)
アクアリウム (34)
備忘録 (73)
作ってみた (73)
文庫化イベント(?) (19)
生きもの係 (23)
エッセイになりそうな (14)
おでかけとか。 (15)
イラスト練習 (23)

ツイッター

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR